飲食店で配信できるサイネージ広告について解説! | 広告の種類や事例など

飲食店で配信できるサイネージ広告がある事をご存じでしょうか?注文時に使うタッチパネルや待合室など、その種類は様々。今回は、飲食店で広告が配信できるサイネージ広告について紹介します。

飲食店で配信できるサイネージ広告への出稿について

飲食店で配信するサイネージ広告のターゲットは、店舗の特性にもよりますが、ファミリーやビジネスパーソンがメインです。広告の出稿事例もイベントの告知や映画の宣伝、ゲームアプリや不動産などその種類は多岐にわたります。

特に、飲食店の待合室で広告が出せるデジタルサイネージは人気があります。飲食店の待合室は比較的回転率が高く、同じ1時間でもより多くの方に広告をアプローチすることが可能です。また、サイネージには自分の待合番号が表示されており、「どれくらいで呼ばれるか」の確認をする方がほとんどです。スマートフォンなどを操作されている方でも、確実に視認してもらう事ができます。

その他、飲食店の各テーブルに置かれた注文用のサイネージ(タブレット)で広告を配信することもできます。広告を配信することで、それをネタに話が盛り上がる事も多く、強烈な印象を与えることができます。

飲食店で配信できるサイネージ広告を含め、広告が出稿できるデジタルサイネージは下記で一覧で見ることができます。是非チェックしてみてください。

店舗・施設内(デジタルサイネージ)の広告一覧

飲食店で配信できるサイネージ広告の例

まとめ

飲食店で配信できるサイネージ広告についてご紹介しました。
フードコートの座席周辺やレジ横に設置されているものや、オーダー用端末など、様々なものがありました。
飲食店で配信できるサイネージ広告の掲出を検討される際はぜひこの記事を参考にしてくださいね。

関連記事