士業向け雑誌広告媒体11選|広告出稿の傾向など

士業をターゲットとした雑誌で広告枠を募集中の媒体の中から、おすすめの雑誌をピックアップしました。
士業とは、日本国内の専門資格職業の俗称です。その多くが、語尾に「士」がつくことから、士業という俗称で呼ばれるようになりました。弁護士、税理士、公認会計士、行政書士などが挙げられます。

士業向け雑誌の読者層や、広告出稿の傾向について

弁護士や税理士などそれぞれ士業により専門紙が分かれます。開業してから長きに渡って購読されている方も多く、専門誌の情報に対して信頼を置く士業の方も多くなっています。ただ、必ずしも独立した士業の方でなく、企業内での法務担当者や会計・税理担当者が読者の中心の雑誌も多く、媒体ごとに読者属性を把握する必要があります。

出稿事例は、弁護士向けの場合は、法律情報データ提供会社・弁護士向けWEBサービス運営会社・印刷会社・弁護士向けソフト開発・販売会社や、会計士・税理士の場合は、会計ソフトベンダー・バックオフィス系ソフトウエア・クラウドサービス・士業特化型人材派遣・経理アウトソーシングなどの業務にかかかわる企業が中心です。また士業の資格保有者の平均年収は高く、富裕層向けマーケティングのターゲットとして設定されることも多くなっています。

雑誌広告の概要や種類に関する説明は以下をご覧ください。

雑誌広告とは?純広告や記事広告などの種類やメリットついて徹底解説!

雑誌広告の掲載面やサイズについての解説はこちらを御覧ください。

雑誌広告の掲載面、サイズ、カラーについて|表2、表3、◯◯対向とは?

士業向け雑誌のおすすめ

まとめ

士業をターゲットとしたおすすめの雑誌広告についてご紹介しました。
士業と一言に言っても弁護士や税理士、公認会計士、行政書士などの職種があり、職種ごとに雑誌も様々なものがあります。ターゲットとする士業はどの職種なのかを明確にすることで、媒体選びもスムーズ行えます。
士業をターゲットとした雑誌広告掲出を検討される際はぜひこの記事を参考にしてみてくださいね。

関連記事