シニア向け雑誌の広告枠について解説! | シニア向け雑誌の種類や過去の広告事例など

シニア向け雑誌は、主に50代以上を中心に購入されている雑誌を指します。例えば、シニア層が気にすることが多い健康をテーマにした雑誌や社交ダンス、俳句などシニア世代の趣味にフォーカスした趣味・情報誌などその種類多数あります。

シニア層は、時間的にゆとりがある方が多いため、雑誌の読了率が高い傾向にあります。また、はがきを使った読者プレゼントへの応募や雑誌への意見・感想を投稿している方が多く、自分が購読する雑誌に対して関心が高い事が特徴です。

今回は、そんなシニア層向けに広告リーチが可能な雑誌やその種類、過去の出稿事例についてご紹介します。

シニア向け雑誌への広告出稿について

シニア向け雑誌の読者は、その雑誌の種類によって多少の違いはあるものの、冒頭でも述べた通り「50代以上」がメインです。広告の出稿事例としては、健康食品、サプリメント、フィットネスなど健康に関する広告はもちろん、美容化粧品、終活広告、旅行などがあります。

近年、若年層を中心に電子書籍や定額の雑誌読み放題サービスを使って雑誌を読む方も増えてきましたが、シニア層は紙雑誌を読んでいる方が圧倒的に多く、シニアマーケティングにおいて雑誌広告は効果的な広告の1つとなっています。

また、シニア層は雑誌を一気に読んでしまうのではなく、自分の興味がある部分から徐々に読み進めていくため、「自分の部屋に雑誌を置いておいて、時間があるときに読む」といった方も多くなっています。それゆえ、裏表紙の「表4」や表紙裏の「表2」など、雑誌を読むときに接触する機会が多い表周りの枠は人気があります。

雑誌広告の掲載位置については下記の記事で説明しています。「表4」「表2」の他にも「中面」「記事下」や「表3」、「表2対向」など様々な広告枠があるので、詳しくは下記記事をご覧ください。

雑誌広告の掲載面、サイズ、カラーについて|表2、表3、◯◯対向とは?

また、雑誌全般に関する広告については下記記事でまとめています。各企業が自由にデザイン制作できる「純広告」や雑誌の編集部が執筆する「記事広告」など、広告プランについても説明しています。

雑誌広告とは?純広告や記事広告などの種類やメリットついて徹底解説!



シニア向け雑誌の例

関連記事